デジカメ画像のプリントの方法は大きく分けて3つあります。まずは自宅でカラープリンタを用意して自力で印刷する、続いて街の家電販売店やカメラショップなどにあるカラー印刷を頼む、また最近多く出てきているのがインターネット経由でデジカメ画像データを送り、郵送にてプリントを受け取る方法もよく使われるようになりました。自宅でのプリントはやりたいときにすぐ出来るのがメリットですが、用紙やプリンタやインクのコストが決して安いとはいえず、頻繁に使わない場合は用紙が劣化してしまうのがデメリットといえます。ショップなどでの作業はUSBメモリなどの保存媒体を持っていく必要がありますが、何をどのように印刷したいかをお店の人に伝えることで、機械に詳しくなくてもほぼ必要とされる画像が手に入ります。webショップは自宅で発注ができますし、コストは安いですが時間がかかるのと出来上がりが思っていたものと違うことがあり得ます。

デジカメプリントをショップで頼む場合

デジカメプリントを家電販売店などのショップで行う場合は、USBメモリやデジカメなどの媒体を持ち込み、欲しい画像・枚数・サイズを選択して発注し、お金を払って1時間以内に出来上がり、というケースが多いです。最近は同業他社との競合が激しいですから、クーポンをもらえることがよくあります。デジカメプリントをしたら必要となってくるアルバムファイルを一緒に購入できるとか、自分の画像を使ったオリジナルカレンダー作成のサービスをしている業者もあります。デジカメの買い替えが必要なときには活用するなど、写真で楽しむ生活をサポートしてくれることでしょう。小さいお子さんがいる場合は七五三や入学などでの記念撮影の需要がありますので、顔見知りになっておくと記念撮影を頼む際には一緒に使うことができます。

デジカメプリントをネットで頼む場合

ネットでデジカメ画像を注文するのがコストだけでいうと最も安いことが多いです。冒頭にも書きましたが到着までちょっと時間がかかる、プリント以外は何もしなくていい、というのであればネット業者に発注するのが向いています。他の方法にない、ネット業者だけの利点は一定期間の注文履歴が残っている仕組みになっていることが多く、前に注文したあの画像をもう一度欲しいがどこに行ったか分からない、というケースではネット業者の注文履歴から一発で出てくることはとても便利です。業者は時間がかかることがデメリットということをわかっていますので、通常は発注からのお礼メールや発注報告メールは非常に素早く出してくることが多いです。よって連絡が遅い業者は安くても使わない方がよいでしょう。